薬用パールホワイトプロex 効果 口コミ

キシリトールの効果って何?

 

 

キシリトールという言葉をCMなどでよく耳にします。

 

特にガムのCMではほぼ、キシリトール配合!というキャッチコピーがついています。

 

 

 

 

このキシリトールについてどんなイメージを持っていますか?

 

  • キシリトールで虫歯を治せる
  • キシリトールを食べれば歯磨きをしなくても大丈夫
  • キシリトールが少しでも入っていれば効果がある

 

などではないでしょうか?

 

今回はキシリトールの効果について説明していきます。


キシリトールの効果について

キシリトールといえば、虫歯予防ができるというイメージが強いです。

 

そんなキシリトールの特徴は「虫歯になりにくい環境をつくること」です。

 

そのため、キシリトールの入ったガムやタブレットを食べれば虫歯にならないというわけではありません。

 

キシリトールが虫歯予防の効果がある理由としては大別して2つあります。

 

虫歯の原因にならない

 

キシリトールは天然素材でたくさんの野菜や果物の中に含まれている天然甘味料です。

 

ちなみに私たちがガムなどで摂取しているキシリトールは白樺などの木から抽出されたものです。

 

キシリトールは口で酸を全く作り出しません。

 

さらにガムを噛むことで唾液が増えて酸が中和されるので、虫歯になりにくくなるのです。

 

 

虫歯の発生や進行を防ぐ

 

キシリトールは虫歯の原因であるミュータンス菌の活動を弱めることができます。

 

しかもこの働きは甘味料のなかで唯一キシリトールだけが持つ働きです。

 

そしてプラークをつきにくくする効果とはがれやすく効果があり、歯が再石灰化するのを防いでくれます。

キシリトール商品の選び方!

 

キシリトールは天然素材のため、値段が高いです。

 

そのため、キシリトール配合と謳っていても、配合されているキシリトールの量が50%未満のものだとあまり意味がありません。

 

ちなみにコンビニやスーパーで販売されているキシリトール商品のキシリトールの量は30%〜70%です。

 

歯医者さんで販売されているキシリトール商品のキシリトール量は100%のものがほとんどであるといえます。

 

パッケージの裏に配合量が書いてあると思うのでしっかりとよく見て50%以上配合している製品を選ぶようにしてください。

 


効果的な食べ方は?

キシリトール入りのガムやタブレットは最大限に効果を発揮できる食べ方があります。

 

糖類0、シュガーレスのキシリトールは歯磨きの後に

どれだけキシリトールを食べても口の中に食べかすが残っていたら意味がありません。
そのため、歯磨きした後のお口が清潔な状態で食べるようにしましょう。

 

5分以上唾液を飲み込まない

キシリトールは甘味料のため、噛むと唾液が出ます。
この唾液は5分以上飲み込まないのがベスト。
なぜなら唾液ののなかにキシリトールが流れ出しているからです。
その唾液をお口全体にいきわたらせるようにしましょう。

 

1日3回以上行う

キシリトールは食事後の口の中が酸性に傾いているときと、寝ているときは唾液の分泌量が減ります。
そのため、毎食後と就寝前に口にするのがおすすめです。
また、長時間摂取を続けることで効果が出るので、最低でも3ヶ月は続けましょう。
3ヶ月経過してから摂取をやめると、ミュータンス菌が増え始めるので摂取し続けることが大切です。

 

 

 

 

キシリトールは虫歯の原因であるミュータンス菌の活動を弱める効果があります。

 

しかし、それはキシリトールが50%以上入っていること、キシリトール以外の甘味料が入っていないことという点に限ります。

 

また、キシリトールを摂取するだけでは虫歯を防ぐことができません。

 

やはり虫歯予防には歯ブラシと定期的な歯科検診が一番です。

 

キシリトールは補助的なものとしてとらえておいてください。

 

 

 

私たち夫婦の歯が白くなった実体験はコチラ!

たった2週間で白い歯を手に入れた一部始終を確認できます。