薬用パールホワイトプロex 効果 口コミ

口臭の原因って何?対策は?

人と話すときに気になる口臭。

 

時々嫌な臭いがしたりして、話しているときに嫌がられていないか気になったりしますよね。

 

ではなぜ口は臭くなるのでしょうか。

 

口臭の原因って

口臭の原因は大きく分けて3つあります。

 

口の中が乾燥する(ドライマウス)

 

口の中が乾燥する原因は外気の影響や運動した後に体内の水分が不足することで起こります。
これらは水分を補給すれば改善されるのですが、ドライマウスは水分補給で改善することができません。
ドライマウスは唾液の分泌が減少することで起こります。
運動もしていないのにのどがかわいたり、言葉の活舌が悪くなったり、歯ぐきから血が出てくるなどの症状があります。
唾液には殺菌作用や、免疫作用、浄化作用、潤滑作用があります。もし、口臭の他に上記のような症状がある場合はドライマウスを疑ってみてください。

 

口の中に汚れが残っている

 

舌苔があったり、虫歯や歯周病の方、歯に食べかすが詰まっている方、扁桃腺に膿栓(臭い玉)がある方に当てはまります。
舌苔は口臭の原因になるのですが、取りすぎるとかえって細菌が繁殖しやすくなる可能性が。
口臭がひどくない場合は心配いりません。もし口臭がひどい場合は1日1回優しくお掃除してみてください。
また、歯磨きをしないで寝て、起きたら口が臭かったという経験がある方はいませんか?
食べかすが歯に詰まっていると口臭の原因に。
たまに口から出てくる膿栓(臭い玉)も食べ物のカスです。

 

体調不良による免疫力低下や病気による口臭

 

風邪をひいていたり、胃炎や胃潰瘍などの病気により口臭が発生している可能性があります。口臭が気になり調べてみたら呼吸器や内臓に異常が見つかったという人もいます。
病気による口臭はいくつか特徴があるのですが、

 

  • 舌で触ったときに歯がざらざらしている
  • 歯ぐきが腫れ、出血するときがある
  • 歯がぐらつく
  • 虫歯・歯の詰め物がとれたまま

 

このような人は病気による口臭の可能性が高いです。


病気による口臭かそうでないかの見分け方

口臭の臭いで病気を疑うことはまず無いと思います。口の中の疾患なのか、内臓疾患か、呼吸器などか…。
これらすべてを調べないと特定することは難しいです。

 

@口の中
病気による口臭かも?と思ったら、まず最初に虫歯や歯周病などを疑いましょう
虫歯は歯に穴が開いているので、食べかすや虫歯菌がその穴の中にたまって、臭いが強くなります。
そして、虫歯が神経まで達すると、強烈な臭いになるので、早めに治療しましょう。
歯間ブラシや糸ようじを使ってみると、歯垢が取れるのですが、それがものすごく臭いです。この歯垢がたまると臭いは強烈になります。
この歯垢が虫歯や歯周病の原因、口臭の原因になるので、しっかりと歯磨きはしましょう。

A消化器系
たくあんのような臭いやゆで卵が腐ったような臭い、腐った肉のような臭いがしたときは消化器系、特に胃に疾患がある可能性が高いです。
このような臭いは硫化水素が原因。胃潰瘍や胃炎で消化不良を起こすと、胃の中に食べ物がたまって、発酵して臭いが発生します。
胃からくる口臭は直接胃から臭いが上がってくるわけではなく、腸から吸収されて血液と一緒に肺にたどり着き、呼吸したときに臭いを出します。

B肝機能・腎機能
カビっぽい臭いやアンモニア臭、雑巾やどぶのような臭いがする場合は肝機能や腎機能に障害があると考えられます。
肝機能が低下してしまうと、体内のアンモニア処理能力が衰えて排出しきれず、肺へ臭いが運ばれて口臭になります。
腎機能の低下も老廃物である尿を排出する機能の低下により起こります。

C腸内環境
う〇このような臭いやおならのような臭いが口からした場合は腸内環境の悪化(便秘症など)を疑いましょう。
もちろん、便秘症の人すべての口臭のこれというわけではありませんが、こういう人もいます。
おならを我慢すると、腸から毒素が血管に吸収されて、血流により肺に到達して、息を吐いた時におならのような臭いになります。

D糖尿病
つーんと甘酸っぱい臭いがした場合は糖尿病の可能性があります。
糖尿病といえば、エネルギーとして使われなかった糖が血液に入り込み血糖値が上がる病気です。
糖をエネルギーに変えられない細胞は脂肪を分解してエネルギーにします。
この分解を行うのに、ケトン体という物質が必要で、このケトン体の主成分が口臭の原因になります。
しかも糖尿病はドライマウスになりやすいといわれています。

E耳鼻咽喉系
子どもの口臭に多いのですが、鼻づまりが原因で口呼吸になって、口が渇いて臭いが強くなる場合です。
鼻詰まりがひどくなって蓄膿症になると、鼻の中にたまった膿の臭いが口臭の原因となります。

自分の口臭が臭いか知る方法

自分の口臭を嗅ぎ分けるのに、最も手っ取り早いのがマスクです。マスクをしていて、「このマスク臭いなぁ」と思うことはありませんか?
それはマスクが臭いのではなく、自分の息の臭いなのです。
もちろん鼻までしっかりとマスクで覆うことが大前提。

 

ただし、マスクをつけてみて、臭いが唾液のような臭いの場合は、唾液が気化したものである可能性が高いです。
マスクを通して呼吸をすると、唾液がマスクに付着します。その唾液が渇いて唾液特有の臭いを発するのです。
もし、マスクの臭いが唾液のような臭いの場合は、ある程度安心していいでしょう。
ただし、その唾液自体が臭すぎると感じた場合は舌苔に口臭の原因物質が発生していることがあるので、その場合は舌苔を掃除してみることをお勧めします。


口臭対策は?

@水分をこまめにとる

口が乾燥して起こる口臭は日常的に発生しやすいです。また、ストレスが溜まったり緊張しても口が乾燥します。
そのため水分はこまめにとるようにしましょう。
ちなみに起床時の口のいやな臭いは寝ている間に最近が増えていることが主な理由です。
朝起きてからすぐに水分を取ると、口の中で増えた最近を体内に取り込むことになるので、まずはうがいや口をゆすぎましょう。

 

Aお茶、コーヒー、ジュースを飲み過ぎない。

お茶やコーヒーにはカフェインが入っており、唾液の分泌を抑えてしまうことがあるので、飲み過ぎに注意です。
また、甘いものは口の中で酸化してしまうので、唾液が分泌されていないと酸化が強くなって口臭が強くなります。
そのため、ジュースの飲みすぎや甘いものの食べすぎも良くないのです。

 

B朝・昼・晩の歯磨きは忘れないで!

お仕事をしていると、朝・晩の歯磨きはするけど、昼食後はしないという人もいるのでは?口臭を抑えたいのであれば、昼食後も歯磨きをして、食べかすをとることをおすすめします。

 

 

 

 

C膿栓(臭い玉)を取る。

数年前からネット上で話題になり、つぶすと臭い「臭い玉」。これは扁桃腺のくぼみにできた食べ物のカスがたまったもので、口臭の原因になります。
これは自然に取れるのですが、どうしても取りたい場合はうがいでとることをお勧めします。
「アーハー」などといいながらのどの奥までしっかりとうがいをすることでとれることがあるそうです。

 

綿棒などでとるのはおすすめしません。無理やり取ろうとして扁桃腺を傷つけると、細菌感染による高熱を引き起こすことがあるためです。

 

 

いかがでしたか?

 

大人のルールとして、口臭は予防・改善したいものです。口臭は本人が一番気づきません。
口臭がきついと感じても相手はなかなか言い出しづらいもの。
いつしか、あなたから離れて行ってしまうことも…。

 

そうならないために口臭に敏感になりましょう!
もちろん体調が悪いときや体に異変があると感じたときはこの情報だけで自分で判断しないで、必ず医療機関を受診しましょう。

 

 

 

私たち夫婦の歯が白くなった実体験はコチラ!

たった2週間で白い歯を手に入れた一部始終を確認できます。