薬用パールホワイト

ホワイトニングの種類とは

白い歯に憧れる方が多くなってきた中、ホワイトニングと混同している方が多いです。

 

ホワイトニングは、歯の表面についた歯石や歯垢を取り除くクリーニングと消毒薬と同成分である過酸化水素を使って歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解・漂白するというのが基本のメカニズムです。

 

歯科医院で行うホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。

 

また自宅で行うケアにも種類がありますので紹介します。

 

オフィスホワイトニング

歯科医院で変色している歯に1本ずつ薬品を塗布する方法です。

 

漂白を行う歯が生きているか死んでいるか(神経があるかないか)で方法が異なります。

 

→神経がある歯(生活歯の場合)過酸化水素を30〜50%含む薬剤を白くしたい歯の表面に塗りレーザーや光を当てることで薬を活性化し漂白効果を高める方法

 

→神経がない歯(失活歯の場合)神経を取った歯は黒っぽく変色することがあり、それを白く戻す方法がウォーキングブリーチ
 30〜35%過酸化水素水とホウ酸を混ぜ合わせた薬剤を神経を取る治療が終わった歯の裏側から穴をあけてそこに入れ蓋をする方法

 

ホームホワイトニング

低刺激の過酸化尿素という薬をマウスピース状のトレーに入れ、定められた時間だけ歯に装着することでホワイトニングを行う方法です。

 

最初に歯科医院で自分の歯に合ったトレーを作ってもらい、あとは自宅に持ち帰って自分でトレーに薬を入れてはめるというケアを繰り返します。

 

過酸化尿素は口の中で唾液と体温によって3.6%程度の過酸化水素と尿素に分解されホワイトニングの効果を発揮する薬剤です。

 

歯科医院で行うホワイトニングは一時的に知覚過敏のような症状が出ることがありますが、時間が経てば落ち着きます。

 

自宅で出来るケア…

ホワイトニング専用の歯磨き粉

通常の歯磨き粉に入っている研磨剤に加え、少量の過酸化尿素などの漂白成分が配合されている歯みがき粉です。

 

無理やり汚れを削り落とすのではなく浮かせて落とすことで歯の負担を軽減するものもあります。

 

 

しかし、通常のものより研磨剤が多いものがよくあるので強い力で磨かないよう注意が必要です。

 

研磨剤が多く配合されている商品は強く磨くと歯に傷がつきその傷から着色成分が入り込みより歯の黄ばみがひどくなる恐れがあります。

 

 

 

歯の消しゴム

シリコン状のゴムと研磨剤を含むペーストタイプの薬品のセットで歯表面の着色汚れを落とすものです。使い方は、薬品を消しゴムに付けて磨きます。

 

 

着色汚れを削り落とすのがメインなので研磨性がつよく使用には注意が必要です。

 

研磨剤が多く配合されている商品は強く磨くと歯に傷がつきその傷から着色成分が入り込みより歯の黄ばみがひどくなる恐れがあります。

 

 

 

ホワイトニングペン

乾かした歯に薬剤のジェルをぬり時間を置き歯磨きを行う方法です。ただし、製品によって使用法が様々です。

 

日本製と海外製があります。使用方法をしっかりと確認しましょう。

 

日本製のホワイトニングペンは本格的なホワイトニング効果は少なく、表面についた汚れを落とすのがメインです。

 

代表的な漂白成分は亜塩素酸ナトリウムが使われています。これは食品添加物として指定されていて安全ではありますが、歯への漂白効果はほとんどありません。

 

 

海外製のものは本格的なホワイトニングの作用がある製品もあります。

 

これらには一般的なホワイトニングやホームホワイトニングで使用されている過酸化尿素または過酸化水素が配合されています。

 

濃度は低いものが多いですが、個人購入になるのでしっかりと確認する必要があります。

 

様々なホワイトニングペンがあるので研磨剤が入っているか漂白成分の濃度はどのくらいかに注目しましょう。

 

 

 

ホワイトニングテープ

海外製品のみで漂白成分の入ったテープを歯に貼るだけです。

 

12歳未満は使用できずまた、人口の歯や神経がない歯など使用できない歯もあります。

 

 

また漂白成分が配合されているので使用後に知覚過敏の症状が出る方がいるようです。

 

 

歯科医院でのホワイトニングは定期的に通院する必要があるので自宅から近いところなど通いやすい場所でしっかりと医師の方と相談して行うといいのかもしれません。

 

また、自宅でケアする方はしっかりと使用方法を理解し適切に使用することがとても大切です。


白くきれいな歯にするためにはどの方法が自分に合っているのかしっかりと見極めることが必要だと思います。

 

 

 

私たち夫婦の歯が白くなった実体験はコチラ!

たった2週間で白い歯を手に入れた一部始終を確認できます。