薬用パールホワイト

歯が黄ばむ理由とは

白くきれいな歯に憧れる方が多くなってきましたが、そもそも歯はなぜ黄ばんだり黒っぽくなったりするのでしょうか??

 

歯の色はどうして決まる?

歯は、表面を覆うエナメル質、その内側に象牙質、中心部にある歯随(神経)の3層構造になっています。

 

エナメル質には唾液中の糖タンパクなどによりできる薄い皮膜を形成するぺクリル層や歯垢によるプラークなどの有機物が付着し、さらに表面に飲食物などによる着色物質が付着します。

 

しかし歯そのものの色を決定するのはエナメル質だけでなく象牙質の色によるものが大きく関係しています。

 

象牙質の色は乳白色をしていてより白っぽい人や黄色みを帯びた人もいます。エナメル質は半透明なので象牙質の色が透けて見えて、それが歯の色となります。

 

歯の変色の原因とは?

外因性の原因

エナメル質の表面に飲食物の色素やたばこのヤニ(タール)が徐々に付着
 着色しやすいもの→ポリフェノール・タンニン・カテキンを多く含む色の濃い食品

 

虫歯による段階的な変色
 エナメル質が黄ばみさらに虫歯が象牙質まで進行すると茶色に、さらに神経まで進むと黒っぽく変色

 

 虫歯に金属製の詰め物やかぶせものが年月により劣化・腐食が進んでしまうと金属がイオンとなり溶け出し黒ずみになることもある

 

 

 

 

内因性の原因

加齢
 年を取るとともに象牙質の色が濃くなってきたりエナメル質が摩耗して薄くなること
 で象牙質の黄ばみが透けて見えやすくなる

 

神経が死んだ歯
 外傷などで歯の神経が死んだときに出血を伴い赤血球が歯髄内に漏れ出てヘモグロビンが分解され、これが歯髄内で着色物質へ変化し黒ずみになる

 

 

 

 

 

私たち夫婦の歯が白くなった実体験はコチラ!

たった2週間で白い歯を手に入れた一部始終を確認できます。