薬用パールホワイトプロex 効果 口コミ

歯の黄ばみを作りやすいものは?

毎日しっかりと歯磨きをしているのに、気が付けば黄ばんでいる歯・・・。

 

その原因は日々何気なくしている習慣や食事や飲み物の中にあるのです。

 

健康に良い食べ物であっても、歯の黄ばみの原因の一つになっていることも!

 

どんな物が黄ばみの原因の一つとなっているのかご紹介いたします。

 

タバコ

タバコに含まれるタールは、歯を守るために唾液に含まれれるペリクルというタンパク質と結びつきやすい特性があります。
このペリクルは、強い酸や熱い・冷たい食べ物や飲み物などの刺激から歯を守る働きをしているため、大変大切な成分でもあるのです。
数時間以内であれば、ペリクルとタールは十分に結びつく前ですから、普通に歯ブラシで歯を磨けば落とすことはできるのですが、半日〜1日くらいでペリクルとタールは強く結びつきあって歯の表面にこびりついてしまいます。
また、歯磨きが下手な人は、歯の表面にこの汚れが残ってしまい、さらに追加された汚れがさらにその上についてしまい、1回歯ブラシで磨くだけでは簡単に落とせない汚れになってしまいます。

 

カフェインを多く含むもの

コーヒー・コーラ・緑茶・紅茶・ココア・栄養ドリンク・チョコレートなど
カフェインを多く含む食品は歯の黄ばみの原因になりやすいとされています。コーヒーにはタンニンも含まれており、タンニンが歯を覆い沈着していき黄ばみになってしまいます。

 

 

 

ポリフェノールを含むもの

赤ワイン・チョコレート・緑茶・紅茶・そば・大豆など。
抗酸化作用や脂肪燃焼作用があるポリフェノールですが、歯の黄ばみの原因となります。
緑茶に含まれるカテキンは色素沈着の原因物質でもあります。大豆に含まれるイソフラボンはポリフェノールの一種です。

 

 

色の濃いもの

カレー・キムチ・トマト・ほうれん草などの緑黄色野菜など
成分だけでなく、色の濃い食品も黄ばみの原因になります。また、緑黄色野菜にはポリフェノールも豊富です。

 

 

 

 

硫黄系のもの

玉ねぎ・ネギ・ニンニク・にら・大豆など。
少し匂いが強い食べ物に多く含まれる硫黄も黄ばみの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

酸性度が強いもの

白ワイン・スポーツドリンク・炭酸飲料など
酸性度が高いと歯の表面のエナメル質を溶かす可能性があります。

 

 

 

 

 

 

ナッツ類

意外と色素が多い食品です。インクの材料として使われていた時代もあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンディー類

人工着色料が多く使われています。飴などは長い時間口の中に残るのでより黄ばみの原因となりやすいです。

 

 

 

 

 

調味料類

ケチャップ・ソース・醤油など。
色素沈着の原因となります。保存料が入っているものは、エナメル質を傷付ける可能性もあります。

 

 

 

 

 

このように普段何気なく口にしているものも、歯の黄ばみの原因となっているのです。

 

普段多く摂取してしまっているものがあれば少し量を減らすなどしてみるのはどうでしょうか??

 

 

 

私たち夫婦の歯が白くなった実体験はコチラ!

たった2週間で白い歯を手に入れた一部始終を確認できます。